2012年07月07日

的外れな英会話勉強法について考えてみる!

『英語を学ぶ』以前に、語学スキルを高めるためには、『読む』『書く』『話す』『聴く』の4要素を延ばす必要があります。さらにこれを細分化してみると、

●簿記系のスキル→『読む』『書く』(日本人が一番得意なのが『読む』ことらしいです!)
●会話系のスキル→『話す』『聴く』(スキルアップには『話す』『聴く』の2つで相乗効果アップ!英会話スクールでのマンツーマンが効果的だそうです!)


英会話教材を選ぶ場合、何をスキルアップするかで選ぶ教材も変わってきます。ただ、英会話のスキルを上げるために英会話スクールに通う場合は、注意も必要です。そもそも会話は、基礎があってはじめて成り立つもの!基本的な単語や文法を理解していないと会話どころではないわけです。

また、最近人気の『聞くだけ』の教材は、全く意味が無いとはいわないまでも、学習方法としては遠回りの方法らしいです。そもそも『聞くだけ』の教材は、英会話ができるけど、ここ数ヶ月英会話に馴染んでいないから、勘を取り戻すために聴くというのに適しているような気がします。売れてるわりに、体験談や口コミは散々な評価ですからね・・・

語学学習のスキルを上げるなら、『読む』『書く』『話す』『聴く』の中で、せめて2つをチョイスして学んでいくと相乗効果があり、効果的にスキルアップできると言われています。手っ取り早く、しかも安く英会話を学ぶならNHKラジオの基礎英語なんかはオススメと言えそうですね!ただ、単語を知らないと結構聞き取れないので、単語力アップを別の方法で学びたいところ!そして中学レベルでいいので、基本的な文法も個別で学んでおくと良いかも!会話については、聴いて話す(リピート)を繰り返していくことで徐々にという感じですね。ただ個人的には、英会話となると、基礎以上の英語力が必要だと感じでしまいますね・・・
タグ:語学スキル
posted by 英語学習 at 09:32 | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。