2014年04月30日

英字新聞ならタイムの子供版(Time For Kids)がいいかも!

英語学習に英字新聞を使うなら簡単なものを選びたいところ!最近気に入っているのがタイムの子供版のサイト!

Time For Kids
http://www.timeforkids.com/

『Time For Kids』は、雑誌でもあって、対象はGrades4〜6!日本の小学校でいえば4年生から6年生あたり!アメリカ(約3割の学校で!)では、この『Time For Kids』を授業の副教材みたいな感じで使っているみたいです。

この『Time For Kids』って楽天やアマゾンで帰るのかと思ったら、どうも取り扱いが無いみたい。過去の本なら見つかったけど・・・

でもサイトでも十分じゃないかな?プリントアウト用のページもあるし!

英字新聞なら週刊ST(http://st.japantimes.co.jp/)でもいいけど、あれ少しレベルが高いんですよね!英字新聞は、簡単なのを利用する方がいいみたい!

英会話が上達する勉強のコツ!
posted by 英語学習 at 14:13 | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

的外れな英会話勉強法について考えてみる!

『英語を学ぶ』以前に、語学スキルを高めるためには、『読む』『書く』『話す』『聴く』の4要素を延ばす必要があります。さらにこれを細分化してみると、

●簿記系のスキル→『読む』『書く』(日本人が一番得意なのが『読む』ことらしいです!)
●会話系のスキル→『話す』『聴く』(スキルアップには『話す』『聴く』の2つで相乗効果アップ!英会話スクールでのマンツーマンが効果的だそうです!)


英会話教材を選ぶ場合、何をスキルアップするかで選ぶ教材も変わってきます。ただ、英会話のスキルを上げるために英会話スクールに通う場合は、注意も必要です。そもそも会話は、基礎があってはじめて成り立つもの!基本的な単語や文法を理解していないと会話どころではないわけです。

また、最近人気の『聞くだけ』の教材は、全く意味が無いとはいわないまでも、学習方法としては遠回りの方法らしいです。そもそも『聞くだけ』の教材は、英会話ができるけど、ここ数ヶ月英会話に馴染んでいないから、勘を取り戻すために聴くというのに適しているような気がします。売れてるわりに、体験談や口コミは散々な評価ですからね・・・

語学学習のスキルを上げるなら、『読む』『書く』『話す』『聴く』の中で、せめて2つをチョイスして学んでいくと相乗効果があり、効果的にスキルアップできると言われています。手っ取り早く、しかも安く英会話を学ぶならNHKラジオの基礎英語なんかはオススメと言えそうですね!ただ、単語を知らないと結構聞き取れないので、単語力アップを別の方法で学びたいところ!そして中学レベルでいいので、基本的な文法も個別で学んでおくと良いかも!会話については、聴いて話す(リピート)を繰り返していくことで徐々にという感じですね。ただ個人的には、英会話となると、基礎以上の英語力が必要だと感じでしまいますね・・・
タグ:語学スキル
posted by 英語学習 at 09:32 | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

日本人が英語を話せない(できない)わけ!

『一日一時間程度の授業を六年間受けただけでいっぱしの英語の使い手になるのは、そもそも無理なのである』というのは、何故か納得してしまう。ちなみに管理人は、中高大と10年近く英語を学んでいますが、ダメです・・・よっぽど、英語を話す友達とかいるほうが真面目に学ぶかもしれないね!

英語ブーム再び 話したいけど話せない…その訳は?(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120628/art12062808190003-n1.htm

bestseller.jpg
続きを読む
タグ:英語本
posted by 英語学習 at 21:37 | 英語学習ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

TOEIC攻略!400点未満におすすめなTOEIC教材は!

まあ、管理人がこのあたりなんですが、TOEIC400点未満の場合、根本的な英語力が欠けている傾向が高いです。そのため中学で学んだ英語の復習(特に文法!)に加えて、単語力を強化するのがポイント!特に単語力に関しては、何冊も参考書を買うよりも、ボキャブラリー集などで学んだ方が手っ取り早いかもしれません。また、TOEICテストの場合、実践練習については公式ワークブックなどを活用したいところ!また、参考書は分厚いモノを選ばないこともポイント!英語学習をすることに萎えてしまいますから!

【送料無料】TOEIC Bridge公式ワークブック

【送料無料】TOEIC Bridge公式ワークブック
価格:1,575円(税込、送料別)



さらにリスニング対策なら、英語耳を作るためにもお手軽なモノがいいですね!例えば、海外ドラマとか海外映画がいいらしいです。このとき字幕テキストがあるモノが良いらしい!『フレンズ』とかは、比較的わかりやすい英語らしいから人気があるみたい!

タグ:TOEIC
posted by 英語学習 at 08:29 | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

リスニングパワーの評判!口コミ評価が割れるのは宣伝文句に問題がある気がする!

listeningpower.jpg

英語教材としての評価が割れているのがリスニングパワー 口コミです。高評価をしている方から、『詐欺』と言う方まで実に様々です!その原因と1つは、公式サイトの宣伝文句にあると思っています。『英語耳とネイティブに通じる発音を同時に身に付けることが可能・・・』とか『2週間後に字幕なしで映画をみてください』なんてのが問題のように思います。あれだと2週間で洋画が字幕なしで楽しめるのと誤解します。正しくは、かなり英語を聴き取ることのような気がします。聴き取った英語の意味が分かるかとか、発音ができるかとかは別問題!これらは、更なる学習で可能になる希望的効果といえます。

そもそもリスニングパワーは、英語を聴き取ることができるように開発された専用ツールというのが正しいと思っています。この辺の期待できる効果を履き違えていると酷評の体験談になるわけです。そもそも英語発音の上達に欠かせないのがリスニング力の向上です。その手助けとなる補助的なツールがリスニングパワーなのです。

間違ってもリスニングパワーで、英会話ができるとか、ネイティブ発音ができるようになるわけではありません。今後の英語学習に役立つツールとはいえそうですが・・・

ちなみにリスニングパワーが他の聞き流す英会話教材との違いは、日本人が『英語の周波数』を聞き取れるようになるサウンド・トレーニングシステムを採用している点です。ただ聴くだけで日本人が英語を聞き取れるようになる周波数エリアを特定しているらしいです。他の聞き流すだけの英会話教材だと、海外旅行や日常生活がテーマで、英語→日本語と進みますが、それとは少し違うそうです。

なおリスニングパワーの公式サイトだと、毎日20分&2週間で効果が現れてくるなんて話ですが、体験談を見ると1日1時間聞いている人もいます。本気で英語を聴き取る耳を作るなら毎日1時間ぐらい聞いたほうがいいですよね!管理人も基礎英語3を聞いていますが、やはり15分だと少ないわけです。1時間ぐらい聴いているほうが効果もありそうな気がします。
posted by 英語学習 at 19:00 | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。